再建 7:おっぱいを小さくするのは難しい?

f:id:CaramelCamel:20170509125958j:plain

これはアメリカに居るからかもしれないし、私の読んだ情報が少なくて偏っているからかもしれないけれど、全摘再建の場合、再建した胸は健側より大きくなる傾向があるような。

再建した胸に比べて健側が・・・バランスが悪くなってしまったというのをいくつも目にしました。

また、日本の病院のサイトでも、乳房再建した場合:以下『引用』

乳房再建術について | 国立がん研究センター 東病院

『いずれの方法を選択しても乳房形態の左右差はある程度生じます。

形態の左右差や傷跡の二次修正術が必要となることがあります。』

 と説明されています。

 

私自身は大きな胸に興味が無いし、小さくても身動きが楽なほうが好きで、できればあまり体を傷つけたくない。もともと健側の方が少し小さかったので、形成外科の先生には何度となく、再建の際は小さい方に合わせて欲しい、胸は小さくていいと伝えました。

形成外科のセカンドオピニオンにも行きましたが、どちらもNO。再建側に合わせて健側を少し大きくしましょうという話になってしまう。

 

私の中で、健側を大きくしてバランスを取るというのは、「ああ、つまり再建側を小さくすることは難しいんだ」という結論に。アメリカの形成外科医、それは難しくてできないなんて、きっと絶対言わない。彼らは彼らのできることで、彼らの考える美しい出来上がりを勧めてくる。全摘の際、乳頭を失わなかったのでなおさらかも。切ったのは胸の下の部分を胸のカーブに沿ってだから、その部分を詰めると乳頭の位置が下がってしまう。だから、小さい方を少し大きくしてバランスを取りましょうと。

 

形成外科医の勧めに完全にNOと言う勇気も(ご機嫌を損ねた状態で手術を受けるのはコワイ)、術後アンバランスな胸を毎日みて後悔しない自信もなく、結局は医師の勧める通りの手術を受けました。

全摘した胸はエクスパンダーを取り出しインプラントを入れる。運動機能を失わないようにとエクスパンダーもインプラントも大胸筋の上。でも、皮下脂肪が少なくインプラントの形状があまりにもはっきり見えてしまうから、足(腿)から脂肪を取って、胸の上の部分に補充。健側にも小さなインプラントを入れる。という手術でした。

 

なんだか、大改造になってしまい、まだ、これで良かったと思えるところにたどり着いてないけど。痛みやあざが全部消えた頃には気持ちも、もう少しすっきりするかなぁ?

 

日本でも、同じように脂肪を動かすところもあるみたいですね。以下『引用』

乳房再建 | 国立がん研究センター 中央病院

『インプラントを用いて再建した乳房ではわきとインプラント上方に凹みを生じやすいことがしばしば問題となります。当院では腹部あるいは大腿より脂肪吸引を行い、生じた凹みに脂肪注入を行っています。インプラント交換と脂肪注入を同時に行うことにより1回の手術でインプラントの欠点を補い、より自然に近い形の乳房を再建することが可能になります。』

 

大胸筋の上にインプラントを入れるというのは、日本ではあまり見ない例かも。

 

 

キャメル