17: 2回目の告知

f:id:CaramelCamel:20171118111923j:plain

 

しこりの針生検を受けて数日後(2017年9月下旬)、検査センターの看護師さんに主人と一緒に会いに行きました。この日の看護師さんは前回とは別の方。

MRIの検査レポート、その後の針生検で、何となくこれはがんかも知れないとの覚悟が出来ていたので、今回は前回よりも状況的には良くない告知でしたが、涙は出ませんでした。

気になっていたしこりは、浸潤性乳がんでした。

・病期(ステージ)はこの時点では未だはっきりしない。(ただ、サイズが2㎝以下なので、未だ早期であろうということ。根治可能だと思う。)

・手術は、2カ所の部分切除になるか、全摘になるかもしれない。執刀医とよく相談するように。

・部分切除の場合は、通常再発防止の為、放射線治療をすることが多い。

・全摘の場合は、十分なマージンがあれば、放射線治療は回避できることが多い。

・全摘の場合は、通常再建をする。

・手術できれいに取り切れれば、化学療法(抗がん剤)はしなくてもよいかもしれない。

・手術後の治療は、術後に腫瘍専門医(oncologist)と一緒に決めていく。

・遺伝子検査の結果はネガティブ(遺伝性のがんではない)。

・ホルモン受容体陽性なので、術後5年から10年ホルモン治療を受けることになる。

・MRIの結果、右の胸にも小さな塊があるのが見つかっているが、皮膚に近い浅いところにあって先日のエコーの際、針生検ができなかったので、これは手術の時に一緒に採って病理検査を受けることになる。(悪性を強く疑う所見ではないけれど、採ってしまった方が良い。)

・手術後はしばらく料理をしたり重たいものを持ったりしないこと。

・手術前はいつも通りの生活でいい。

といったことを丁寧に説明してくれました。

執刀医に会う前に、生検の結果を乳がん専門の看護師さんに説明してもらい、今後のおおよその流れをつかむことが出来ました。

 

生検の結果レポートの概要:

Ultrasoud-guided needle core biopsy

Invasive ductal carcinoma

Size: 0.4cm (1.4cm by MRI)

ER: Positive (98%)

PR: Positive (50%)

HER2: Equivocal (2+)

Ki-67: 18%

 

 

キャメル