Oh My 郵便受 その2

f:id:CaramelCamel:20170626143438j:plain

 カプチーノで一息。

 

Oh My 郵便受 その1  からの続きです。

 

後日、管理会社から今度はE-mailで6月19日・20日・21日に郵便受の鍵を配布しますとの連絡が。

 

19日に取りに行くと、部屋番号のシールの貼ってある鍵を3本くれました。早速、郵便受へ。相変わらず、部屋番号順不同のまま我が家の郵便受は同じ場所にありました。が、開かない。2本目・3本目とすべての鍵を試しましたが、開きません。郵便受を無事に開けている方に助けを求めて試してもらいましたが、やっぱり開きません。鍵の配布所に戻り、「あのー鍵開かないんですけど・・・」と言うと、「君も?ちゃんと全部試した?」と。まぁ、確かにウチだけ開かないってことはないよね。きっと鍵混ざっちゃったんだ。郵便受順不同だもんねと納得して、見つかったら連絡してもらうことに。もう、グダグダな気配を感じているのでちょっとのことでは驚きません。

 

でも、そろそろ一週間程郵便を受け取っていないので、そっちの方が心配。アメリカは電気・ガス・水道 もろもろ色んな支払いの請求書等も郵便で届きます。色々と信用なららない!?、いえ、銀行も間違える!?お国柄、たとえ口座振替の自動支払いに出来ても、あえてマニュアルにしている部分でもあります。

 

20日、まだ連絡はなかったものの現状確認のため、鍵配布所へ。聞いてみると、「おぉ、確認した。開かなかったよ。」と。つまり、私の返した鍵が本当に合わないのかどうか試して開かないことを確認したけど、まだ、開く鍵は見つかっていないということらしい。仕方がないので、見つかったらよろしくねとお願いして帰る。

その日遅くなって、電話が。「鍵見つかったから、明日取りにおいで」と。まるで、落とし物でも見つかったみたいな連絡がありました。新品の郵便受の鍵なんですけど。

 

21日、ようやく無事に開く鍵をもらい、中の郵便物を回収することが出来ました。

良かった良かった。

 

つづく

だって、これで終わりじゃないんだもの。

 

キャメル