アメリカの医療保険

f:id:CaramelCamel:20160411131219j:plain
little three graces


アメリカは日本の様な国の医療保険制度がありません。 各個人が入らないといけないことになっています。 ここ数年の間に国で決めたことといえば、保険に加入していなければペナルティーとして確定申告の際、税金を払わなければいけないということと、各保険が最低限カバーしなければならない内容が決められたことでしょうか。 会社にお勤めの場合は、会社が支払ってくれるところもありますが、一部を個人負担にするところや、家族の分は個人負担(が増える)などもあります。

オバマケアになって、保険代を調べてみたら、所得によって同じ保険でも個人負担額が変わるので、低所得の方が良い保険に安く入れるということになっています。 沢山働いて、税金も多く払って、保険代は低所得者より多く払ってもランクの低い保険って。。。 健康で一生懸命働く人たちへの嫌がらせのようです。

ここで言う良い保険というのは、医療が必要な時、個人負担がより少なく、選べる医師や病院が多いことです。

最近は減ってきてはいるようですが、反面、共働きで、2人とも福利厚生の良い大きな会社に勤めている場合、夫の会社が家族分の医療保険をカバー、そして、妻の保険が家族分をカバーで、一世帯で2世帯分の保険がある場合もあります。

不思議な国です。

キャメル